費用を抑える

うまくいけば電気代が安くなる

 オール電化住宅のメリットはいろいろとありますが、そのひとつが電気以外の燃料を使わないことです。家の暖房や風呂などの湯沸しにガスを使用しないので、大雪や道路の寸断で孤立化した時でも、電気さえ送電されていたら困りません。プロパンガスや灯油の残量を気にしなくていいのです。  オール電化を推進するために、電力会社によってオール電化住宅用の料金プランが用意されていることがあります。この料金プランは時間帯によって料金が変動するので、安い時間帯に電力を多く消費するもの(湯沸しや洗濯乾燥機の乾燥モード)を使用することで、電気代が安くなります。  またオール電化の工事の際に家のアンペアを上げれば、別々に工事するよりも工事代が節約できます。

オール電化の現在とこれから

 オール電化のメリットをできるだけ得ようとすると、沸かしたお湯を貯めておける装置と、電気を貯めておける蓄電池を設置することになります。ただし蓄電池はまだ発展途上なので、とても値段が高いです。ですから買い取り価格は一時より下がりましたが、太陽光発電を設置することになるかもしれません。  太陽光発電は年々、発電装置の値段が下がり続けています。二酸化炭素を排出しない、クリーンな方法でエネルギーが作れるということで、世界的にみても国や自治体が積極的に普及させようとしています。そのために補助金を助成する、電力会社の買い取り価格を高く設定するなどしています。  また、蓄電池は開発が続いているので、将来的に価格が下がることを期待されています。